So-net無料ブログ作成
検索選択

「この世界の片隅に」が怖くて読めない [漫画]

3/11ということで、「日の鳥」の感想でも書きたいところですが、
まだ途中なのでまた後ほど。ちなみに「妻」って地震というか、地球のことなのかなと
思ったりなんだりしてます。

タイトルの件ですが、「この世界の片隅に」が大ヒットということで、
作者の大ファンである自分には嬉しいやら有名になりすぎて大好きなマイナー漫画家
だったのに・・・と複雑な心境です。

大ファンなので、手に入る単行本は全部入手済み。
「この世界の片隅に」も、3冊とも発売日に予約入手。
しかし・・・左翼漫画だったらどうしよう。
今まで好きだった漫画も嫌いになってしまうかもしれない。
そう思って、何年もちら見する程度で、最後には捨ててしまいました。
2冊組みになったとき、結局買いなおしてしまいましたが…
「夕凪の街桜の国」も同様、持ってますが読んでません。

あ、自分は左翼が大嫌いです。

ちらみして、どうも左翼漫画ではないらしい。
だって、資料写真が残ってるとは言え、大破着低した重巡青葉を丁寧に優しく
描写するはずがないじゃないかと。
しかしそれでも怖くて続けて読むこととはできず。

で、映画化。
巷で騒がれてるのが太極旗の1コマ。
もう調べれば調べるほど、嫌になります。
作者は多分、そういう光景があった程度にしか考えて描いてないと思うんですが、
(これほど騒がれても何も言わないから「好意的に」そう想像するしかない)
日本人を宇宙で一番凶悪無慈悲にしたい連中が勝手に解釈して広めてるのに
強烈な嫌悪感と違和感を感じえません。
「米の豊富な植民地から略奪・搾取して米を得ていた!その表現だ!」とか・・・。
(色々見たのをまとめて書いてるので表現に多少の違いはあるかもしれないが
言ってることはこう)
もうね・・・。
そんなに大量に略奪できるなら飢えるはずないじゃんと突っ込み。
そもそもあの半島は植民地じゃないだろと、さらに突っ込み。

それでもう、ますます読むのが怖い・・・より嫌になってきました。

大好きな漫画家の作品なのに読めない。なんか疲れます。
あと10年くらいして、話題にもならなくなったころに、ようやく安心して読めるのかな・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0