So-net無料ブログ作成
検索選択

「ザ・ムーン」他 [映画]

月面最後の男、ジーン・サーナンが逝ってしまった。
ちょうど2ヶ月前のことですね・・・。
悲しいと言うより驚き。一番最後まで生き残る人だと思ってたのに。

ここで脱線!
アストロアーツの訃報記事に、月に2回行った3人のうちの一人とか、
アポロ10号のこととか、いろいろ追記させたの俺です!ごめんなさい!
いや、引用リツイートにいろいろ書いて、その後もぶつぶつ
つぶやいただけなんだけど、アストロアーツの人は豆なのか暇なのか、
記事に追記しちゃったのです。
ソフトの登録はがきにも要望とかいろいろ書くと、定型文じゃない
丁寧な文章で返事を書いてくれるので、たぶん豆で暇なんでしょう。
該当記事はこちら
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/8905_cernan

さて、「ザ・ムーン」。
アポロ1号の話はお腹いっぱいです。アームストロングについて語りすぎ。
普段表に出てこない豪華メンバーのインタビュー収録なのにもったいない。
ジョン・ヤングしゃべらなすぎ。もったいないお化けが出るぞ!
12号以降の月面活動も、もっともっと見せるべき。
あと、最後の陰謀論への反論はいらない。
DVDの得点映像の中身が濃すぎて、どんなに長くなっても本編に組み込む
べきだった。人々のアポロへの理解が、より深まっただろうに。

とまぁ、文句を言いました。あとはもう、絶賛です。何十回も見て、聞いて、
台詞全部覚えたとは言わないけど、それくらい。

アポロ捏造論信じてない人で、未見の人は、ぜひ見よう!
そしてサーナンの言葉を耳に刻むのだ!(無理やり最初につなげる)

ついでに、ヒストリーチャンネルで「月をめざして」が再放送されることがあったら、
録画して家宝にしろ!鉄の男、ジーン・クランツの言葉を頭に叩き込め!
ネットで流布されてる言葉よりも、ずっと重みがあり、人生に役立つぞ!(保障はしない)
以下引用
「諸君、歴史を作る時が来た。今日、我々がここにいるのは運命なのだ。
私は、ここにいる諸君に対して、全腹の信頼を置いている。
たとえ何が起きようと、諸君の判断に対する責任は、すべて私が取る。
そして、結果がどうであろうと、今日ここを出るときは、皆チームとして出よう」
引用終わり。
アポロ11号の着陸船が降下前に、管制官全員に語った言葉。

100回以上聞いてるので、記憶のままに書きました(引用じゃないぞ!)。
ちいさなミスはあるかもしれないけど、記憶に自身あり!

それにしても、ここまで言える人が、日本に、いや、世界にいるだろうか?
(おおげさすぎ?)

最後は映画関係なくなっちゃった。でも、どうしても書きたかったので。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0