So-net無料ブログ作成
検索選択

島本和彦の漫画にはまる [漫画]

漫画家「島本和彦」の名前は、「炎の転校生」連載当時から知っていました。
すごーい昔ですね(笑)。

同級生や友達から「面白いから読め!」と勧められても、絵柄が感覚に合わず、
敬遠していた漫画家でした。
その後も、「アオイホノオ」ドラマ化に至るまで、全く読んだことがありません。

ドラマ「アオイホノオ」が面白い!と、ツイッターで盛んに流れてて、
本放送は見逃しましたが、BSで再放送を見ることができて、
初めて漫画も含めた「島本ワールド」に触れました。
ただし、「アオイホノオ」限定(なので、庵野作品に一度も触れたことがないのに、
「シン・ゴジラ」を期待度満タンで観に行って、満足したわけです)。

最近。ほんと、つい最近のようですが、Amazonの「Kindle Unlimited」サービスにて、
島本和彦の漫画をタダで読める(正確には月額料金払ってるわけで、タダでは
ないですが…)ということで、出てた4冊を電子書籍として読みました。

「ワンダービット」を最初に読んで、「へー・・・面白い、すごく面白いけど、
絵柄が合わないなー」と思ってたのですが、「仮面ボクサー」を読んで、
文字通り、打ちのめされました。

面白い!面白すぎる!!
ネタばれになるので、あまり書きませんが「XXっちまったぜ(入射光付き)」、
「ブロンドボクサー」の回、「XX年パンチ」は、もう手放しで絶賛です。
様々な創作物で、予想外の展開が面白い、というのもあると思いますが、
予想通りの展開なのに、斜め上で、しかも突き抜けてるのが凄いです。

ほんと、食わず嫌いだったんですね。
「燃えよペン」「吼えろペン」「新吼えろペン」と、立て続けに中古セットで
購入して、完全にはまり込んでしまいました。
笑って笑って・・・でも、これは預言書なのか!?なーんて思ったり。
昔も今も変わっていないってことなんでしょうね。
(ネットやゲームをさらっと話題にしてて(そしてすぐに流すのが上手い…)、
そう昔の作品でもないと分かるんですが…)

ついに「逆境ナイン」を読んで、まさしく「パルス注入!」という感じで、
もっと早くから読みたかったし、まだまだ「熱血」と「バカ(良い意味で)」の
「注入」が足りない!という気分です。

波長の合う漫画家さんだったんですね・・・。(「逆境ナイン」の描写通り)

ただ、どの漫画家だろうと小説家だろうと映画監督だろうと、
盲目的に受け入れてはいないので、合わない作品は、これからも読まないと思います。

でも、これからは、積極的に読んでいこうと思います。

蛇足:
直近のいくつかの記事で書いてる「自作の漫画」の主人公の苗字を、
「カッコよさそう」という安易、かつ、つまらない理由で「島本」姉弟にしてしまい、
かなり焦ってます(画像データなので検索にはかからないはず)。
島本和彦を意識して付けただけに…。

1年前の自分を殴りたい!

Pixiv退会して、また入会して(存在さえ忘れていたROM専のアカウントの再利用
ですけどね・・・)、再投稿するなら、苗字変えちゃえば良かったのに…。
ま、その「名」に恥じぬよう、ぽろっと「(無駄な)熱血」「(無駄に)熱い」等々、
入れようと思っています。というか、入れ始めています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック