So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

「ハドソン川の奇跡」は俺的に観るべきか? [映画]

「ハドソン川の奇跡」というと、同名の映画が既にあったり、事故そのものを
さしていたり、ややこしいのですが、クリント・イーストウッド&トム・ハンクスの
「ハドソン川の奇跡」です。

「シン・ゴジラ」を観た帰りにポスターに気づいて、ぜひ観たいと思ったのですが、
仕事が激務に変わり、結局観に行けませんでした。

ブルーレイの発売ももうすぐで、予約しようと思ったのですが、
NTSBが悪役として描かれてると聞いて、踏みとどまりました。
事実なら、過剰演出すぎやしないかと。

CSのナショナルジオグラフィックチャンネルで、メーデーという、
航空機事故を扱った番組をやっていて好きで観てるのですが
(クルーが乗客を道連れ回だけは嫌ですね。途中でも見るのをやめる)
NTSBは真相を明らかにし、空の安全のため、多くの勧告を出します。
悪者ではありません。

事故が起きた!機長悪者!は、この「ハドソン川の奇跡」に限った話ではなく、
日本でも、どこの国でも同じみたいです。
日航123便も、まずクルーは顎の骨だけになっても容疑者として検死されてます。
名古屋空港の中華航空墜落事故も、成田のFedexの事故の時もそうでしたね。
飲酒してないか、薬やってないか、なんか、そんなニュースばかり、最初のころは
飛び交っていた気がします。

死亡した例を上げてしまいましたが、助かっても同じこと。
賞賛はされますが、まずは容疑者扱い。ま、警察のやることですけど。
123便もそうですが、警察が、事故捜査官の邪魔をすることは、
どこの国でもあるようです。最悪、ブラックボックスが分解されて、
修復困難にされてしまうこともあるとか。
(言っては何ですが、貧困国に墜落すると、部品を売るために
住民がすべてを持って行こうとします。遺体の貴重品等も・・・。
賞金を出してまで、ブラックボックスを回収したというエピソードも
ありました。中の部品を売るために分解されてたそうですが)

なんか話がずれてきましたが・・・。

で、ハドソン川の奇跡です。全員の命を救ったのに、容疑者にされた機長。
というのが、強調されすぎてて、なんかだんだん観る気失せてくるんですよね。
(事故があまりに有名で、知りすぎてるってこともありますし、航空機事故の
本や番組丹念に見てる人なら、あるある話のひとつで聞き飽きたってのもあるかも)
たぶん、観たら絶対に面白いと思いますが、ブルーレイ買ってまで観るべきかな・・・
と、つまらん悩みを持ってます、
(というか、DVDセットにしないで、DVDだけで売ってほしい。
ブルーレイの再生ができるのが、PS3だけなんで、いろいろ面倒。値段も高いし)

まぁ、メーデーが事故調査官贔屓してるかな?というところは否定も肯定もしませんが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ちはやふる34巻 [漫画]

なんか、自分のもうひとつのプラモブログみたいになってきたので、
漫画なんかの感想を・・・というか、文句です。
レビューじゃないので期待しないでください。あと書き殴ってるので乱文ご容赦。

実は数年前からPixivで漫画やイラストを投稿していて(下手ですが)、
仕事の内容とも相まって、著作権にはかなり神経質になってます。
自然と、末次由紀のことも知ることになったわけですが、
活動再開後の「ちはやふる」が大絶賛ということだけは目にしてました。

実際に触れたのは、huluの無料期間を利用して、懐かしい物とか
観てましたが、「ちはやふる」があったので、ためしに観てみました。
すっかりドツボにはまりましたよ。通しでちゃんと観たのは2、3回だと
思いますが、声だけでも聞いていたくて、他の作業中に延々と流してました。
50回とはいかずとも、30回は超えてるんじゃないかなー。
当然、第2シーズンもハマり、続きが気になって、2期の終わりに当たるあたりから
単行本を買い始めるに至ります。

いやー!漫画も面白い!楽しい!

しかし、それも悪名高き31巻あたりまでの短い間・・・。

もはや惰性で買ってます。というか、今週の月曜発売の話ですが、
つい2日前まで注文するか迷ってたくらいで。
末次由紀の過去の悪行には(中には嘘も混じってそうですが。というかあるね)、
目をつぶっての購読でしたが、
(というか、ツイッターでフォローして分かったんですが、自分では決して言わない
極左大好き人間ですね。そこが卑怯で憎くて、即効フォロー外しました。
いや、別にお花畑だったり人を小ばかにしたような左翼発言してもかまわないけど。
自分では決してお首にも出さず、他の極左アカをリツイートってのが卑怯で卑怯で)

・・・ううむ、脱線した。

ま、とにかく、単行本もさっと読みで済ませて、アニメも見なくなってしまいました。
先日、1年ぶりくらいにアニメ全部見たんですが、やっぱり面白れー!!
まぁ、一番面白かった時をアニメ化してますからね。面白くて当然かも。

前置きがすんごい長くなりました。
34巻です。なんか、アマゾンのレビューが振るわないですなぁ。
たいてい、どんな漫画でも、長く続くとこんなもんだったかな。

ま、なんだかんだで自分に合う面白い漫画なのは確かだし、作者がどうこうは切り分けて、
結局予約注文しました。

出社前に届いて(裁量労働なので、家を出るのは相当遅いです。と言っても昼には出ますが)、
電車の中で読んで、33巻から半年以上?の発売なので、最初は何を言ってるのか分からない
くらいつまんなかったです。ラノベを初めて読んだ時の感覚に似てますね。
2回くらい読んで、ああ、そうかと分かり始める。

内容は書きたくないので、あれですが、面白いけど、つまらなさもかなり濃いと
感じました。あくまで、個人の感想ですけど。

というか、冒頭、太一、何勝手に部室入ってんだよと、文句たらたらでしたけど。
何巻だったかの、お花畑いっぱいの賛否両論(むしろ否の声が強い)例のシーンと
つながると思えば納得はしますが、気分は良くないですね。
かなちゃん大好きキャラだったけど、千早への仕打ちとの差に
好感度大ダウンですよ。むしろ嫌いになったかも。

新が負けた相手と言うのが唐突に出てきますが、あまりに唐突すぎる。
言われれば「ああ」と思いますが、伏線回収にもなってないほど雑!

あと、須藤さんのデータの件とか。
普通、フィクションだしー、漫画だしーで済ませるんですけど、
作者の過去を知ってるだけに洒落にもなってない。
周防が、実は誰にでも見れるところにデータを置いてるとか
一言あれば、良かったと思うし、「君たちが聞いても分かるまい」と、
名人の嫌らしさの一面がまた出たと思うんですけど・・・どうかな。
(単に千早を馬鹿にするためだけとかね)
今読み返したら、「一応」上の通りにはなってますね。失敬失敬。
違法コピーなのは間違いなさそうだけど。あ、内容書いちゃった。

ま、終わり向けてのスタート巻かなーと思って、そっと雑物の山に置いて置きます。
(物がいっぱいなので、自然とそうなる・・・苦笑)

新のことにちょっと触れとくと、チームを作るところは面白かったですねー。
楽しかった。チームを率いるのも初めてだし、その苦労も描写して共感してたんですけど、
千早戦が雑すぎて、あまりに残念な幕引きになっちゃいました。
ちょっとはフォローしてた覚えがあるけど・・・。

あと、たぶんみんなが気づいてて、言わないのかどうか分かりませんけど・・・。
実写映画に振り回されてるってこと。
こんなにぐでぐでになったのは映画のせいじゃないかと。
映画を観てないので、なんともいいがたいところですけど、
状況証拠があまりに明瞭なので、自分はそんな風に思ってます。

Tokyo Media Lab
http://www.tokyo-media-lab.com/?p=7184
「ちはやふる最新刊33巻発売日はいつ?32巻のネタバレと感想も」

この中に、休載期間やムラのある単行本発売日のことが書かれています。
実写映画との関係があまりに明瞭です。
正確な検証が必要ですけど、映画の都合に合わせて漫画の方が描かれてる印象です。
編集が代わったのか?と思いきや、ずっと同じ人とのことで、「失望した」です。

続編とやら、もう公開してるはずだけど、さっぱり噂聞かないなと思ったら、
まだ先みたいですね。
最近のこととは言え、とりあえず、待った後は、1巻だけでもすぐに出てたんですが、
35巻は夏発売ってことで、完璧に映画の都合に合わせてますね。

いいのかそれで?
それにしてもなー、あんな人が、日本古来のものである百人一首扱って大丈夫?
いきなり「百人一首は韓国が起源」とか最終巻の巻末にあったら最高だけど。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

美少女ガレージキット [模型]

なんかミリタリーモデラー風のブログになってきたので、こんなのも作りますってことで。

コトブキヤ(だったっけ?)1/7セーラーサターン・スターズVer
リボンが曲がってますが、取れたので練り消しで一時的にくっつけてるだけです。
実は後に作り直すことを考えて、真鍮線で差してるだけか、接着弱めです。
さすがに髪の毛は、分割線の関係もあって、がっちり付けてしまったかも・・・。
IMG_0933.jpg

お約束
IMG_0935.jpg

海洋堂 1/8 虹野さん
IMG_0940.jpg

他にも数個作ってるんですが、割愛。
作りかけがほとんどですけど・・・。
むかーし、たまたま模型誌でガレージキット特集やってて、面白そうと始めたのがきっかけ。
アニメとか、ほとんど見ないし。そういえば、手に入れるキットって、ゲーム系が多いですね。
やっぱりゲームやってるから、馴染みあるからかな。

興味を持ったことは、手を出さないと我慢できないのが困ったところです。
電子工作、天体観測、ラジコンなどなど・・・。いずれ出てきます。

昔はガレージキットもたくさん一般販売してたんですが、「作るより完成品買った方が面倒くさくないし、出来がいい」という理由で、売れなくなり、まずほとんど目にしなくなりました(イベントは別ですけど、行けないし高いし・・・)。
ヤフオクや中古店で探しまくって、なんだかんだで100個くらい溜まっちゃいましたかね・・・。
積むだけで作らないなら、ない方がマシと、だいぶヤフオクで手放しましたが、
売れ線はほとんど捌いたので(絶対手放したくない物除く)、だいぶ減りましたが、
それでもまだまだ・・・。

プラモデルもそうなんですけど、ムラを気にするあまり、塗膜がだいぶ厚くなっちゃうのが悩みです。

IMG_0947.jpg
これ、キット完成品をわざわざ買ったんですけど(未組み立てがさっぱり出品されないし見つからないという理由もありますけど)、塗膜が薄い!で、しっかり色が乗ってる。エッジもはっきり。シンナーで色もサフも全部落として作り直そうと思ってたんですが、勉強のため残してます。

やっぱり、剥がれるのが怖くてサフを吹きまくった上に、ベースホワイトをさらに重ねてるからでしょうね・・・。サフもグレーに拘るし。ベースホワイト塗装後、なにもせずそのまま色を重ねるのもあれかなぁ。車のプラモみたいに、軽くサンディングした方がいいのかな。
塗装も、グラデとか、いろいろやってみたいんですけど、完成させるのが精一杯で、そんなところまで気が回りません。

最初のセーラーサターンなんかも、未組み立ては、今や高額のプレミア商品なので、ドボン(シンナーの海に漬けて、塗装も何もかも溶かすこと)して作り直そうかと思ってます。完成品と違って、よほどがっちり接着してしまわなければ、ある程度やり直しができるのがキットのいいところですね(プラモはデカールの関係もあって、2個買いするなりするしかないですけど)。

最後に、美少女でもガレージキットでもないけど、今朝までがんばってたハセガワの1/72ガウォーク。仮組み。
IMG_0951.jpg
劇場版冒頭の、ミンメイを拾い上げるシーンを再現したくて、スーパーガウォーク+ノーマルファイターの2個1です(一応、部品が無駄にならないだけのキットがたまたまあったりしましたが)。
DVDで再確認しましたが、ほとんどファイター状態に手が出てるだけの状態なので、完全再現はできませんね。足を後方にのばしても、やっぱりちょっと広がってた方がかっこいいし。
後、手の甲を上にして掴んでるので、模型として面白くないので、手のひらを上にする予定。

一番の問題は、模型が完成するかより、1/72ミンメイが作れるかどうかです・・・。
1/20のミンメイのキットが去年の夏に出たので入手したのですが、完成見本写真が詐欺に見えるくらい小さくてびっくりしました。というか怒った。スケールは分かってたけど、いざ見るとねぇ。
それよりさらに小さいのが作れるんでしょうか・・・。

ウォーターラインシリーズ・その2 [模型]

口だけ番長と思われるのも嫌なので、ちゃんと作ってますよの写真
超絶ディテールアップでもないのに公開するってのは、ある意味検索ノイズでしかないのですが、こういう押さえる所は押さえた作り方も、また楽しみの一つですよってことで。
画像をクリックすると大きく表示されます。

軽巡那珂。ダビッドの位置を脇か甲板上かで丁寧に調べたのに間違えてるという・・・。
基本、ストレートフロムボックス派ですが、マストを真鍮線にしたり、電探はエッチングにしたりします。ピンポイントディテールアップはお金もかからず、満足度高し。
DSC04049.jpg

空母飛龍、空母蒼龍、ミッドウェー海戦時。限定キットを惜しげもなくストレート組。
飛龍は、船体だけでも作り直してほしいです。後発の蒼龍と並べるときつい。
戦艦ではリテイク版出してるんだから全裸正座で待機してますアオシマさん。
DSC03795.jpg

練習巡洋艦香取
兄貴が成田に住んでいたことがあったので、香取神宮に連れて行ってもらったことがあったので、なんか思い出深いですね。
IMG_0110.jpg

空母天城
IMG_1177.jpg

事実上、天城が最後に完成させた艦船模型です。もう5年以上前・・・。
トラスマスト、やりすぎでしたね・・・。
全体が写ってないのは、部屋が汚すぎるからで、マストの五角形状のトラス部分も伸ばしランナーで作ってます。電話回線をNTTからauに変えたときに、作業に来た人に「細かい!すごい!」と言われて満足。ただ、近くにあったF-15J、F-16F、F-15E、F-2B、UH-60Jといった航空群には目もくれなかったので、艦これプレイヤーだったんでしょうね・・・。orz
あ、痛車にも感嘆してました。ラブプラスマナカRX-7でしたけど。研ぎ出しのおかげで、すごく見えたのかな。

また最後は脱線。まぁ、いつものことになるでしょう。

ウォーターラインシリーズ [模型]

ほぼ自分の年と同じだけの歴史を持つウォーターラインシリーズ。
間これ効果で、うはうはそうですが、ブームが終わったらどうらなるんでしょうね。
ま、軍艦のプラモデル自体はそれなりに人気あると思うので(じゃなかったら、
艦これ以前のリニューアルラッシュやら、これまで続いてきたことに説明がつかない)、
また過剰な超絶ディテールアップ主義がでしゃばらなければ安泰じゃないですかね。

全然関係ないですが、IMEが馬鹿すぎて、誤字が多いのはご容赦を。
乱視なので、気づかないことが多いです。メガネを買いましたが、
まだ慣れないし、重さが気になるので、家ではほとんど外してます。

がんばってるのはアオシマとフジミだけと言われてますけど、
ハセガワもムラがありますががんばってますよね。
ウォーターラインじゃないけど、1/450でアイテム出したり。
さっぱり新製品出さないけど、出すときはアオシマ以上の出来だったり。

田宮は・・・音頭とりの癖に、もうどうしようもないですね。擁護しようがないです。
日本市場見てないので期待するだけ無駄じゃないですかね。
あと、「俺様が指示する作り方以外は許さない」という態度も不評のようです。
(自分だけが感じてたと思ってたけど・・・)
ラジコンも、中級者向けタミヤグランプリまったく開いてくれなくなったし・・・。
(まったくの初心者か、全国レベル)
あ、関係ない愚痴でした。

艦これは嫌いだし、昔から続く言い争いに嫌気がさして、キットを見るのも
嫌になり、貴重なキットやアフターパーツも捨てたりヤフオクで売ったりしました。
で、しばらく離れてたおかげか、また興味が出てきて、ぽつぽつ作り始めてます。
航空機と違って、筆塗りでもそう粗がわからないってのもありますが・・・。
(模型机が新PCとモニタ2台に占領されて、エアブラシが気軽に使えなくなった)

それでも、アマゾンで物色してると、フジミ信者やピットロード信者が暴れてるので
嫌になることがありますね・・・。
出来が悪いってわかってるなら買うなよ。

ついでに書くと、ネット通販の普及のせいで、完成品と組み立てキットの区別が
つかない人が増えてるのがありますね。
ホビーサーチは、箱の中身から設計図の公開までやってますけど、
あれくらいやらないと、「組み立てキットだった!星1だ!」が後を絶たないかと。

ウォーターラインシリーズで気がかりなのは、空母のキットから、着艦制動索などの
表現をしなくなってることですね。
たぶん、甲板シールつけてエッチングで高い値段でむしりとるフジミ商法を
真似し始めたのだと思いますけど・・・。
エッチング派には邪魔な存在なんでしょうけど、プラモデルって、
基本、ストレートフロムボックスでしょ。(バリエーションがいっぱいある武装別売りは
仕方ないかなと思ってますが)
ほぼ必須品が別売りってどういうこと?
のっぺりして、仮組み状態でも、ほんとしょぼく見えるんですよ。
(たぶん、スケール派の声のでかいのが、1/700なら見えないはずだからモールドするなと口出ししたのは想像に難くない。単なる被害妄想ですけど。機銃見えないはず論争もありましたからね)

ま、この流れも、どうなるかわかりませんけど。
基部すら表現しなかったフジミが、最近のキットでは付け始めましたから。

というか、デカール入れてくれれば、簡単に済む話なんですけどね。
フジミの鳳翔が唯一、黒線デカールが入ってました。
切った貼ったで、ぎりぎりクラッシュバリアまで作れましたが。
やっぱり、あるのとないのでは、印象が全然違いますよ。
DSC04316.jpg
発売日から探って写真を見つけられたので公開。薄暗くてちょっとわかりにくいですけど、クラッシュバリアの存在感は、やはり貼って良かったなと個人的には思ってます。

ほんと、フジミも含めて、空母のキットには黒線デカール入れてください。
簡単なことでしょ。(三つ指懇願)
あ、エッチング売れなくなるから入れないのか。(蹴り)
(新資料が発見されて、位置が違った!というのを恐れてるのかもしれませんけど)

F-2大好き! [航空機]

前回の記事でちらっと松島基地のこと書きましたが、F-2大好きです。
特に、F-2B、松島基地所属。
F-2のプラモは何個も作りましたが、F-2Aは1機だけで、あとは全部
F-2B。しかも21飛行隊。

さて、震災の半年ほど前に訪れた、松島基地航空祭の写真をちょっと。
一部撮像素子にごみがはいった状態ですがご容赦を。
画像をクリックすると大きく見られます。

DSC02519.jpg

IMG_0072.jpg

IMG_0158.jpg

DSC02591.jpg

当然、午前・午後のブルーインパルスや、F-15や松島救難隊の展示飛行も4千枚ほど撮影しているのですが、F-2の話なので、割愛します。

最後の写真、武装展示のF-2Bを作りたくて、松島から千葉に帰った後、熱が冷めないうちに作り始めました。

DSC02965.jpg

DSC02997.jpg

DSC03022.jpg

DSC03517.jpg

ほぼ完全再現を目指して、フラッペロンはダウン状態(前縁は、微妙に上がってるのですが、苦労の割りに見栄えが悪いので割愛)、エンジンノズルはキットの物はエンジンが点火して絞った状態なので、フジミのF-14Dからノズルを削りまくって作成。スピードブレーキ開、シートもあっさりしてるので、可能な限りディテールアップ・・・。1/72ですよこれ(自己満足)。見えないけど、スピードブレーキを開いた時に、根元に子ドアが2枚開くのですが、それも再現してます。下側の稼動部分(フェアリングのような部分が被さるように移動)は、自分の技術では再現不可能でした。

機体番号にお気づきでしょうか。
114号機。津波に流され、庁舎に首を突っ込んだ姿が全世界に晒されてしまった機体です。
プラモの方も、未完成のまま、千葉のアパートで震災当日に落下物に押しつぶされて破壊されてしまいました。なんでもっと早く完成させられなかったんだろうと後悔。完成したところで、破壊は免れなかったかもしれないですけど・・・。

今、修理を終えた機体が飛び回っていますが、プラモの方も、再利用できる部品は取っておいてます。またいつか作るために。スピードブレーキが完全に壊れてなくなってるのが痛いですけど…(内側の補強版まで再現してたし)。

ただ、猛烈に仕事が忙しくて、プラモどころか、他の趣味をする暇もないです。というか、疲弊して、何にもやる気が出ないです。エロゲーはクリックするだけだし、そういうのはやってますけどね・・・。体重も、8月から10数キロ減ったし。やばいな・・・。

最後は全然関係ない話でした。

3.11 [その他]

あんまり3.11なんていう言い方は好きじゃないが・・・。
岩手から東京の会社に勤めて20数年、地下のエリアの席に移動になったあの日。
(チーム単位で動き、チーム編成はころころ変わるので、席移動が多い)
経験したことのない長い揺れ。
誰かが叫んだ。「非常ドア飽けとけ!」
後にあの揺れでも仕事をしていた社員が一部から賞賛されたが、ちっとも偉くない。
脱出できるように非常ドアの指示を出した誰かがあの中で一番の英雄だ。
そして、飽けたドアから見えた、しなるほど揺れる高層マンション。怖かった。
その後、まだ引越し前の4階の自席に戻り、ケータイのワンセグ
津波の映像を見ていた。驚きよりも、心の底から「もうやめてくれ!」と叫びたかった。
その後、UStreamでNHKが見れるとのことで、電源を気にせずニュースが見れた。
どうしても家に帰りたかったので、4時間かけて歩いて帰った。
実は自転車で最寄まで何度も来てたので、そんな疲れはなかった。
部屋に入るとぐちゃぐちゃ。重いプリンターが2mも吹っ飛んでた。
あとのことはよく覚えてない。
ただひたすらテレビを見てたからだろう。

沿岸ばかりが注目される中、東北新幹線の復旧に尽力している人のブログを見つけた。
話題にもならない内陸の実家周辺の様子が見れて、何かの圧力で閉鎖されてしまったが、
ブログ主には心から感謝している(なんか猫関係で誰かの逆鱗に触れたらしい)。
GW初日の、奇跡の東北新幹線復活。ブログ主を含め作業に当たった人たちに
感謝しながら1番列車に乗り込んで帰省

宮城北部から岩手南部にかけては、実は震度6クラスの地震の常襲地帯。
宮城県沖地震は、いつ起きてもおかしくないと言われていた。
実家は、外見は大丈夫だったが、中はぐちゃぐちゃだったらしい。
吊り下げ式の蛍光灯は、壊れるか、基部が外れて床付近までたれていた。
風呂場には、2mに渡ってタイルがはがれ、亀裂が走っていた。
瓦屋根ではないので、その点は大丈夫だったが、親戚の家は結構ひどかったらしい。

実は、震災のつい2日前まで、代休消化で実家にいた。もう2日+土日の4日を
申請していたが、病気がちだったので、休みは少しは残しておけとの命令で、
2日前に帰京。あのまま休みを取っていたら、どうなっていたんだろう。
東北のほぼ全体が停電したあの夜は、偶然にも晴れ渡って、すごい星空だったらしい。
それだけは見たかったかな・・・。(実家には赤道儀でフル装備の15cm反射望遠鏡がある)

語りだすと止まらないな・・・。

まぁ、最終的に何が言いたかったかと言うと、「何が絆だ!」とか、
「さんざん東北侮蔑してたくせに」とか、文句たらたらなんだけどね。

あと松島基地。遠いが、行けない距離ではないので、T-2時代から何度も
訓練見に行ったり、震災までの6年間は毎年航空祭に行ってた。
基地も、ちゃんとどういう状態だったのかをきちんと説明すればいいのにと、
この6年間やきもきしっぱなしだ。
回転する前輪があらぬ方向を向いたり、ローターや翼が地面を叩いたとの話もある。
天候だけじゃなく、何度も襲い掛かる大きな余震。
津波の到達予報も、もっと早い時間だった。
素人でも、飛ばせる状況なんかじゃないことは分かる。
なぜちゃんと説明しない。代弁者である有川浩ですら完全に言葉足らずだ(空飛ぶ広報室より)。
だから未だに松島基地を叩く人間が後を絶たない。
何の知識も持とうともせずただ一方的に叩けるから叩く。
もううんざりだ。(松島のことだけじゃないけど)

あの震災を忘れたいのは、実は、自分なのかもしれない。

JG2プレイ記(1) [ゲーム]

勢いに乗って、3記事目。
JG2・・・ジンコウガクエン2、エロゲーです。
エッチなのなら、紙芝居ゲームより3D、実写系よりアニメ系を選びます。
というか、18禁ゲームなんて、PC-9801の安売りで大量に手に入れてるくらいで、
実際に遊ぶのは何年に1回かという程度です。

このJG2、妄想力があれば、思いのほかいくらでも楽しめますなぁ。
ゲーム性なんてないに等しいのに、意外と予想外の展開になったりして、
台詞も少ないと言われつつ、ぽろっと意外な台詞が出てきたりして
まだまだ遊べそうです。

あ、つい、アペンドセットも買ってしまいました。
ツールも手に入れたり、MODに手を出したり…。

1つ前に作ったクラス。
2017_0224_2316_37426.jpg
男の性格が少ないのが困りますなぁ…。
左上が当初PCとして使ってた男キャラ。今は一番下左から2番目の真野史佳さんがPCです。
乱闘と乱交に明け暮れるクラスに登場した正義のキャラと言う設定。
淫乱教師との戦いは苦労しましたよ・・・。転校早々罵っても相手にされないし、
喧嘩も拒否されるし、悪い噂をおしゃべりキャラ利用して広めても被害者は増えるばかり。
公式チートも非公式チートも使いましたが、悪い意味で頭が回るので思い通りにならず・・・。
最後の手段で、どのキャラでもPCになれるのを利用してなんとか辞職させました。
その内容は、このブログでは書けませんねー。
ダークサイドに落ち込んだ元PCも、ボコボコにしてやりました。
女子を泣かせる奴は、速攻鉄拳制裁。
仕事で多大なストレス溜まってたので、大いに楽しみましたよ(悪い奴・・・)

NPCが、不意打ちで嫌いな相手をKOするのを見たんですが、PCじゃできないのかな・・・。
必ず会話からになるので、喧嘩を挑んでも相手にされないことがあるのが悔しい。

お気に入りキャラを作ったはいいけど、せっかく衣装を細かく設定しても
エッチなシーンじゃないと誰だか分からないローポリゴンでしか見られないので、
ここでもPCチェンジして、突撃インタビュー。

キャプチャもこの通り。
2017_0302_0052_32041.jpg
話した感じ、妄想したとおりのキャラで嬉しかったです。

もちろんMODで入れた水着写真も。
2017_0302_0122_51367.jpg

水泳部なので、競泳水着。
このブログで見せられるのは、このくらいまでですかね・・・。
2017_0302_0131_01518.jpg
日焼けの再設定を忘れてました。きわどすぎ・・・。

PCチェンジすることがあるので、浮気しないような設定にしてるのですが、
手に入れた金の延べ棒を手放さないかどうかの方が心配です。

ちなみに、彼氏にPCチェンジしての突撃インタビューやら、周囲の反応も
面白かったですなぁ。
うかつに不人気キャラにPCチェンジすると、いきなり「成敗してくれる!」と
喧嘩を売られることもありますが・・・。

そろそろネタも尽きてきたので、多い制限の中で、何か面白いことはできないかなーと
考えてます。それを突破して予想外の展開になるので、なかなか飽きないです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「この世界の片隅に」が怖くて読めない [漫画]

3/11ということで、「日の鳥」の感想でも書きたいところですが、
まだ途中なのでまた後ほど。ちなみに「妻」って地震というか、地球のことなのかなと
思ったりなんだりしてます。

タイトルの件ですが、「この世界の片隅に」が大ヒットということで、
作者の大ファンである自分には嬉しいやら有名になりすぎて大好きなマイナー漫画
だったのに・・・と複雑な心境です。

大ファンなので、手に入る単行本は全部入手済み。
「この世界の片隅に」も、3冊とも発売日に予約入手。
しかし・・・左翼漫画だったらどうしよう。
今まで好きだった漫画も嫌いになってしまうかもしれない。
そう思って、何年もちら見する程度で、最後には捨ててしまいました。
2冊組みになったとき、結局買いなおしてしまいましたが…
「夕凪の街桜の国」も同様、持ってますが読んでません。

あ、自分は左翼が大嫌いです。

ちらみして、どうも左翼漫画ではないらしい。
だって、資料写真が残ってるとは言え、大破着低した重巡青葉を丁寧に優しく
描写するはずがないじゃないかと。
しかしそれでも怖くて続けて読むこととはできず。

で、映画化。
巷で騒がれてるのが太極旗の1コマ。
もう調べれば調べるほど、嫌になります。
作者は多分、そういう光景があった程度にしか考えて描いてないと思うんですが、
(これほど騒がれても何も言わないから「好意的に」そう想像するしかない)
日本人を宇宙で一番凶悪無慈悲にしたい連中が勝手に解釈して広めてるのに
強烈な嫌悪感と違和感を感じえません。
「米の豊富な植民地から略奪・搾取して米を得ていた!その表現だ!」とか・・・。
(色々見たのをまとめて書いてるので表現に多少の違いはあるかもしれないが
言ってることはこう)
もうね・・・。
そんなに大量に略奪できるなら飢えるはずないじゃんと突っ込み。
そもそもあの半島は植民地じゃないだろと、さらに突っ込み。

それでもう、ますます読むのが怖い・・・より嫌になってきました。

大好きな漫画家の作品なのに読めない。なんか疲れます。
あと10年くらいして、話題にもならなくなったころに、ようやく安心して読めるのかな・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ごあいさつ [その他]

のんたまブログの始まり始まり。
ニックネームがブログごとに点けられないので、「のん太」になってますけど、
「のんたま」とお呼びください。

このブログはというと・・・簡単に言えば憂さ晴らしなんで、不快な内容も
あると思うのでお気をつけを。
ほとんど罵詈増減は吐かないと思いますけど。大人だし。

あと、ゲームの話だの、気になった話だの、タイトルの通り雑記帳です。
ツイッターの代わりというかなんというか。
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。